一般社団法人 東京都はり灸マッサージ師会


 ホーム会報> 第19号(テキスト版)
 

 一般社団法人 東京はり灸マッサージ師会 会報

東京三療師会ロゴマーク

三療通信
第19号

発行日  平成26年 2月10日    通巻79号  創刊 平成10年8月  


≪ 新年のごあいさつ ≫        会長 佐竹 公一    
 みなさま、あけましておめでとうございます。昨年は、多摩国体「ボランティアマッサージ」にご協力をいただき誠にありがとうございました。当会会員施術師とそのご家族19名のご協力を得て、全国からの大会関係者157名の方に「施術のおもてなし」をさせていただき、大好評を得ることが出来ました。
 また「顔の見える名簿」を作成、地域に配布して会員個々のPRに着手できました。三療大学においては、日本東洋医学系物理療法学会を中心とした著名な講師による研修が行われ、残すところあと一回となりました。

 さて、私たち三療師と深く関わりのある介護保険制度改正(平成27年4月施行予定)の方針とスケジュールが示されました。主な改正点は、
 @訪問介護と通所介護について、予防給付から地域支援事業の形式に見直す 
 A小規模通所介護の地域密着型サービス(市町村認可)への移行
 B居宅介護支援事業所の指定権限の市町村への委譲
 C自己負担割合2割となる対象者の20%増
 D特別養護老人ホーム入所は要介護3以上(特例あり)
 E入院から在宅医療介護へのシフトと看取りやターミナル機能強化
 F要支援者の受け皿としてサービスの多様化の検討などです。
 今後10年を決める大きな改正となります。患者様に直接関係するこれらの内容については、しっかり説明ができるような学習が必要となるでしょう。

 我々は、「高齢者の在宅での生活継続の限界を高めるための機能訓練と在宅医療分野」において地域の医療・介護・自治会・ボランティア・NPO等とともに地域包括ケアシステムを構築する責任があります。
 今後は地域への権限移譲が進み、市町村単位での情報交換の場が設けられ、「地域ケア会議」など地域における支援ネットワークが構築されていく予定です。

 そこで、会員の皆様に提案です。個人でも組織でも結構です。地域に根付いている皆さんだからこそ、所属する市町村に直接働きかけていただきたいのです。地域の特性に合わせた情報発信が出来る会員様が多数居られます。今まで以上に地域に関わることが自分たちの職域を守り発展させる力となります。自分たちの力と技を表現する言葉を身に着けましょう。得意とする症状に対する明確な治療法と期待できる効果や、三療特有の制度を地域に発信する手段を見出しましょう。

 ご家族や患者様の不安を和らげる関わり方(会話や姿勢など)を学びましょう。ご存じのとおり当師会は、皆様の総合的な人間力を高めるための三療大学を10年間継続し、また、有意義な取り組みや情報を発信し続けています。施術の世界だけを見ても変化はスピードを増しています。あらゆる面で個々の施術師が努力を継続し、認識力を高め、より高度に自己変革することが、未来を生き抜く力となると信じております。

 理事会は、会費制度や介護施設経営について難しい判断が求められます。予定されている二度にわたる消費税増税と景気回復という、相反する政策テーマがどのような状況を呈するのか注視しながら、「会員の方々の為に働く理事会」、「三療に貢献する師会」を目指して努力いたします。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


≪ 新年会より ≫ 
 1月19日午後、今年も多くの方をお迎えして、始まりました。
 司会は恒例の当会相談役、杉田洋之氏で、楽しく進行してくださいました。
 長く役員をされ、相談役になられた方が、「死ぬまで来るからね。」とおっしゃってくださいました。このことばに、私共はどれ程力づけられたことでしょう。このような先輩諸氏の方がたに、私どもの会は支えられています。
 役員の一人は、「中途で視覚障害者になり、お客様に感謝されるこの素晴らしい仕事に出逢えた。お正月には子供から、今の生きかたを褒められた。」さらに、「業界の為に役に立ちたい。」と抱負を述べました。
 
 来賓の方も、ご多忙の中で足を運んでくださいました。八王子市長石森孝志様・市議会議員五間浩様・市議会議員水野淳様・都議会議員こいそ明事務所の方、そして、日々テレビでお見かけする萩生田光一衆議院議員と事務所の方も駆けつけてくださいました。多摩市長阿部裕行様からも祝電をいただきました。
 明るい新年が始まりました。皆様にとりまして、よい年でありますように。

≪ 会員募集中!! ≫
 〜 東京都はり灸マッサージ師会が医療保険取扱をお手伝いします 〜

★医療保険取扱  ・・・請求とりまとめ・ソフト提供(※)(研修・代書可)
★生涯研修     ・・・幅広く役立つ各種講習会 
★各種保険団体加入・・・団体賠償保険・所得補償保険 
★治療院掲載   ・・・(当会HPにて掲載、無料。他に有料HPもあり)

*会費・・・入会金 ¥10,000 月額 ¥1500(正会員)
※他に¥2,000(法人会員)、¥500(準会員)≪共に月額≫の制度あり

(※)請求ソフトは、H25.3厚労省通知に対応しております。
前月申請のコピー機能搭載のため、次回以降の入力はあっという間に(被保険者証等変更のない場合)終わります。会員様から大変ご好評をいただいております。

ソフト使用料 :初期費用不要 【 \700 /  月額 】
 この機会にぜひ導入をご検討ください。尚、ご希望がありましたら、
導入時に使用方法をお教えいたします。お気軽にご相談ください。

≪ 白色申告のかたへ ≫
平成26年1月より記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます。
(詳細は国税庁ホームページをご覧ください。)
  https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shotoku/kichokakudai.pdf

≪ 会報について ≫
当会報は、当会ホームページ上にてご覧いただけます。(TOPページ下部『三療通信』) 
画像版・テキスト版の両方があります。どうぞお立ち寄り下さい。
 


≪  東京三療大学より ≫ 開催しました!!
日頃我々の接している患者様に即、お役に立てることをめざしている講座です。
 9/15(日) スポーツ外傷・障害鍼・マッサージによる治療法)
        講師:宮本 俊和氏 筑波大学大学院教授
 11/17(日) すぐ役に立つフットケア
        講師:佐竹 公一氏(当会会長) 
 12/15(日) 鍼治療と酸化ストレス
        講師:廣門  靖正氏 国際鍼灸専門学校専任教員・日東医理事
 H26.1/19(日) メンタルヘルス(心の健康)を保つ為に
        講師:岨野 朝子氏 産業カウンセラー養成講座指導者

 次回: H26.2/16(日)【 13:00-16:15 】
     鍼・マッサージによる膝痛へのアプローチ
     講師: 栗原 勝美 文京盲学校教諭・日東医理事

     (受講料 会員 3,000円   学生 2,500円   一般 3,500円

≪リラクゼーション業が追加・告示≫
 総務省の日本標準産業分類に「リラクゼーション業」が新たに追加・告示されました。(現在の市場規模は約1500億円)
 


お知らせ

≪ 総会のお知らせ ≫ 
H26.5.25(日)を予定しております。  

≪地域師会より≫ 
西多摩地域師会 〜 ノルディック・ウォーキング講習会開催 〜
 日時:3/23(日)13:00〜

 場所:あきる野市(市内)
 費用:無料
 お問合せ先:西多摩地域師会まで

≪日本東洋医学系物理療法学会のご案内≫ 
・会 期:平成26年3/21(金・祝日)・22(土) 
・テーマ:メタボより危ない新たな国民病「ロコモ症候群」にチャレンジ
- 鍼灸手技療法は貢献できるか、その展望と実際 -
・会 場:国立大学法人 筑波大学 東京キャンパス文京校舎(茗荷谷)   
     〒112-0012 文京区大塚3-29-1
・申込み:事前参加登録は、平成26年2/21(金)まで。(FAX:029-858-9599)
※ 学会の詳細は日東医学会まで


≪メールマガジン配信のご案内≫
師会からの情報を発信しています。
登録ご希望の方は、CBL12400@nifty.comまで、「メールマガジン希望」と件名に明記の上、ご希望のアドレスをお知らせ下さい。

≪ホームページ治療院紹介のご案内≫

 当会ホームページに会員様の治療院紹介ページがあります。
基本事項の掲載は無料です。ご利用下さい。(有料ホームページは初回5千円・以後年毎に2千円)
お申込みは師会まで。
 


発行  一般社団法人 東京都はり灸マッサージ師会   
発行責任者 代表理事 堀江静男  
〒193-0832 東京都八王子市散田町3-12-7
電話 042-663-4054  FAX 042-668-2122
     http://homepage3.nifty.com/tokyosikai/ E-mail: CBL12400@nifty.com
郵便振替口座番号 00130-9-572449  東京都はり灸マッサージ師会
会費などの振替は上記の口座で 振替代金は加入者負担で出来ます


 

 

ページトップへ



Copyright © 20
13 Tokyo-sikai. All rights reserved